NISMO特集!GT-R・フェアレディZ・スカイライン

【デカ過ぎ!】新型ランドクルーザー250のサイズ・スペック・予想価格解説!プラド150と比較!

2023年8月2日にトヨタから新型ランドクルーザー250が発表されました。プラドの後継機が発表との噂でしたが、名称からは「プラド」は廃止され、ランドクルーザーファミリーの250という300と比べるとライトユース的な立ち位置での発表です。

なんとなくランドクルーザープラド150系のようなサイズ感かと思いきや、サイズは遥かに大きくなり、外国車のSUVさながらの日本では扱いにくいサイズ感での登場ということがPDL的に大きなびっくりポイントでした。

その内外装を見ると予想価格は高くなると言わざるを得ません。ランクルプラド150のTXは400万円を切っていましたが、おそらく価格は500〜600万円は最低でもいくでしょう。

アメリカで販売されるハイブリッドモデルが50,000ドル半ばで提供予定とプレスリリースで記載がありましたので、それよりは価格が下がるはずですが、日本での販売価格は500万円台にはなるのかなと思われます。

それでは今回発表となったランドクルーザー250のサイズやスペック、特徴を見ていきましょう。

トヨタ自動車 新型ランドクルーザー ワールドプレミア

全長:4,950mm・全高:1,870mm・ホイールベース2,850mm

全長が4,950mmということで、ランクル300と同じです。

ランクル300が4,950mm〜4,985mmですので同じくらいですね。ホイールベースは全く同じで2,850mmです。

全高は1,870mmですが、ランクル300は1,925mmとさらに高いです。

ちなみに先代と呼ばれるようになったプラド150系は4,825mmで、ホイールベースは2,790mmです。

全高は1,850mmですので、ランクル250よりも20mm低いです。

十分デカいですが、ランクル250よりも日本車らしい大きさですね。

車幅がなんと1,980mm!

この車幅が一番驚きました!

なんと1,980mmとほぼ2mです。とんでもなく大きくて都内の駐車場では不安な大きさです。

ちなみにランクル300も1,980mm〜1,990mmですのでほぼ同じです。

先代のプラド150系の全幅は1,885mm。ランクル250やランクル300よりも10cm小さいのでギリギリ都内の駐車場で人が出れるくらいかと思います。

プラドに乗った時はデカくて駐車時はかなりビビりましたが、さらにビビりそうですね。

ハイブリッド車は北米・中国向け

このランドクルーザー250の噂段階の時にハイブリッド車が出るぞ!と噂がありましたが、北米や中国向けのみの仕様となりそうで、日本にはディーゼルとガソリン車がラインナップされます。

逆にアメリカではハイブリッド車のみの販売となります。

アメリカ市場での価格は、50,000ドル半ばからの発売を予定しています。

2024 Toyota Land Cruiser Reveal & Overview | Toyota

北米向けのエンジン形式は、ターボチャージャー付き2.4リッターの4気筒エンジンを積んだハイブリッド車のみがラインナップされ、ガソリンとディーゼルは販売されない面白い状態となるようです。

北米向けにはランドクルーザー、ランドクルーザー1958、ランドクルーザーファーストエディションという3つのグレードで展開され、プレミアム パッケージには、ランバー サポート付きパワー ヒーターとベンチレーション付きレザー トリム シート、14 スピーカー JBL オーディオ システム、ヘッドアップ ディスプレイ、デジタル バックミラー、ムーンルーフなどが追加されます。

日本向けはハイブリッド無しのガソリンかディーゼル車

日本仕様はガソリン車とディーゼル車の2種類が展開予定。

  • 1GD-FTV ディーゼル2.8リッターターボ 8速AT :204馬力、500N・m
  • 2TR-FE 2.7リッターガソリンエンジン 6速AT:163馬力、246N・m

ディーゼルエンジンは燃費・力強い走りで定評のある1GDと8ATの組み合わせにより、オフロード/オンロードでの扱いやすさを向上したエンジン。

ガソリンはベーシックなパワートレインを採用し、日常での扱いやすさを優先させています。

ちなみにランクルプラド150系のエンジンはランクル250と全く同じでした。

  • 1GD-FTV ディーゼル2.8リッターターボ 8速AT :204馬力、500N・m
  • 2TR-FE 2.7リッターガソリンエンジン 6速AT:163馬力、246N・m

私は2.7リッターガソリンエンジン車に試乗しました。

試乗レビューもやってますので是非ご視聴・チャンネル登録よろしくお願いいたします!

ガソリンエンジンの方は出だしのトルクはありましたが、高速域の伸びはイマイチだと感じました。

車重もあるかと思いますが、機敏さは70点ぐらいのエンジンとなります。逆に刺激的ではない、優しいエンジンかもしれません。

フロントライトが丸眼か直線か選べる

今回のランドクルーザー250の大きなトピックとしてはヘッドライト形状が選べる点ではないでしょうか。

通常フロントフェイスの違いといえば、グレードごとにグリルのラインの入り方や太さや色が異なるイメージですが、ランクル250では形状が選べます。

すっきりとした現代的な並列3眼のヘッドライトはおしゃれです。

丸眼のヘッドライトはクラシカルな雰囲気がして、何年か経ってもデザインの古さを感じさせない普遍的なデザインです。

個人的には丸眼の方が、時代の流行りに左右されない感じがして好きです。

>>【実車写真】ランドクルーザー250外装レビュー!

>>【内装編】ランドクルーザー250 ネオステア仕様!プラドとは言わせない高級内装インテリアを見る!

>>【ちょうど良いサイズ感】ランクル 70が発表されたけど日本なら250よりもサイズ・スペックがいいね!

PR:入手が有利と言われるKINTOならランクル70が月額45,760 円〜


>>諸経費込み・頭金0円!KINTOはこちらをチェック

PR:車買い替えを検討中ならこちら!

車を売る際には、複数の業者に査定を依頼することが重要です。最近では中古車市場が下落してきているので、買い替えを決めたら早めの売却がおすすめです。

査定には車の状態や年式、走行距離など、さまざまな要素が関係してくるため、複数の業者に査定を依頼することで、より正確な査定額を算出することができます。

出張買取で高く売るコツは、相場相応の希望価格を言い続けること。粘り強く交渉すれば価格は上がっていくようです。


>>カーネクストの詳細はこちら


>>ユーカーパックの詳細はこちら

PR:純正モニターをもっと快適に!


>>純正ナビをもっと便利に【ナビ男くん】の詳細はこちら

おすすめ関連記事

気になるキーワードで検索

【実車写真】ランドクルーザー250外装レビュー!

【内装編】ランドクルーザー250 ネオステア仕様!プラドとは言わせない高級内装インテリアを見る!

【実車写真】ランドクルーザー70 再再販モデル 外装レビュー!

【内装編】ランドクルーザー70 再再販モデル 実車写真でインテリアを見る!

【ちょうど良いサイズ感】ランクル 70が発表されたけど日本なら250よりもサイズ・スペックがいいね!

【当然デカい】センチュリーSUVが全長5.2mで登場!価格・スペック!

【現車確認】ランドローバー 新型レンジローバースポーツ AUTOBIOGRAPHYグレードの外観・スペックと内装インテリア

【試乗レビュー編】トヨタ ランドクルーザープラド TXグレード試乗記③デカすぎ!大きさとガソリン車の振動は要確認【メリット・デメリット(欠点)】

【外観デザイン編】ランドクルーザープラド TX 後期試乗記① ガソリン車のサイズ感と特徴

【外装デザイン編】トヨタ RAV4 Adventure試乗記①寸法やトランクがとにかくサイズがデカスギ!

【試乗レビュー編】充実装備で溢れる高級感!トヨタRAV4 アドベンチャー ペーパードライバーによる試乗記③【メリット・デメリット(欠点)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です