NISMO特集!GT-R・フェアレディZ・スカイライン

【外装編】ランドクルーザー250 最上級ZXグレードの見た目の特徴とは?「VX」「GX」グレードとの違い

新型ランドクルーザー250の実車を見てきました。サイズ感は幅1,980mm、高さ1,925mm、全長が4,925mmと圧倒されるデカさ。

無駄を徹底的に削ぎ落としたというボディデザインは無骨で、飾り気はあまりありませんが、その反面、機能美を感じられるかっこよさを放っていました。

今回ご紹介するのはレギュラーラインの最上級グレードである「ZX」グレードの車体です。ランクル250は下から「GX」、「VX」、「ZX」と3グレードあります。

価格はZXグレード(7人乗り)が735万円VXグレード(7人乗り)630万円GXグレード(5人乗り)520万円となっております。

今回はZXグレードのどこが下位グレードと異なるのか見ていきましょう。

フロントのサイズ感:全幅 1,980mm

フロント周りを見ていきましょう。

全幅は1,980mmと、ランクルプラド150の1,885mmよりも95mmも拡大しています。

室内長よりもオーバーフェンダーの部分が張り出して、足回りのトレッド幅が広くなった様ですね。

ランクル250のトレッド幅がフロント1,665mm/リア1,665mm(GXのみ1,645mm)ですので、ランクルプラド150のトレッド幅、フロント1,585mm/リア1,585mmよりも80mm広がり、150よりも走破性が高められていることが分かります。

ヘッドライトにグレードの差

ヘッドライトにグレードの差が出ている様です。

3眼のプロジェクター式ヘッドライトは最上位の「ZX」のみ、下位の「VX」と「GX」はリフレクター式の3連ヘッドライトですので、このZXのように3つ眼では無く、長方形に見えます。

限定車ではないレギュラーラインナップの250は全て角眼のヘッドライトが標準となります。

注意点!「ZX」グレードではオプションの丸目ヘッドライトの装着はできません!!

どうやらプロジェクター式ヘッドライトを持つZXでは丸目となぜか適合せず装着ができない様です。

ZXグレードで丸目ヘッドライトが欲しい場合は、特別仕様車「ZX“First Edition”」を購入する必要があります。また、特別仕様車「VX“First Edition”」の場合は販売店装着オプションです。

なんと微妙な仕様でしょう。

ちなみに「VX」グレード用の丸眼のヘッドライトはオプションで価格は187,000円(税込)ですのでファーストエディションを逃して丸目が良い方は「VX」グレードとする必要があります。

さらに最下位グレード「GX」は同じライト形式のはずなのに装着できないことになっています。

ランクル250発表時には丸目と角目を自由に選択できそうなニュアンスがありましたが、これは残念ポイントです。

グリルのカラーが異なる

グリルのカラーがグレードのよって異なります。

上の写真は最上位「ZX」グレードで、まず、「ラジエターグリル」のカラーが「グレー塗装」となっています。

そしてグリルのすぐ上のボンネット先端のガーニッシュ「フードモールディング」が「ブラック塗装」となっています。

そして、「バンパー&グリルプロテクター」のカラーが「シルバー」となっています。

これらはグレードによって異なっていて、

中間の「VX」グレードは「フードモールディング」がシルバー塗装、「ラジエターグリル」がシルバー塗装、「バンパー&グリルプロテクター」がシルバーとなります。

最下位の「GX」グレードは「フードモールディング」がシルバー塗装、「ラジエターグリル」がシルバー塗装、「バンパー&グリルプロテクター」がブラックとなります。

やはり、最上位のZXのブラックのフードモールディング、グレーのラジエターグリルがかっこいいと思います。

VXやGXのシルバーのグリルやモールディングでも、パーツを変更したり、後から塗装してカスタムしても面白いですね。

個人的にはブラックのグリルとTOYOTAロゴ入れたいです。

サイドビュー 全長:4,925mm ホイールベース:2,850mm 最低地上高:215~225mm

サイドはフロントからリアにかけて一本のプレスラインが入っているのが特徴的です。

後部にかけて一段上に盛り上がったデザイン。筋肉質なデザインというやつでしょうか。

この盛り上がった部分の内側に3列目のシート用収納とかがあります。

Aピラーの黒いラインと、

クオーターガラスから後ろに伸びる黒いライン「アウトサイドピラーガーニッシュ」はグレードにより異なり、ZXとVXはピアノブラック、そして、GXはブラック塗装となります。

サイドミラーはとても巨大。

運転席から見やすいです。

サイドミラーにウインカーが内蔵されています。

ミラー下部にはお迎えLED照明を搭載し、足元を照らしてくれます。このドアミラー足元照明は全グレード搭載しています。

ドアハンドルはブラックに塗装されていてアクセントとなっています。

ドアハンドルのブラック塗装はZXグレードのみで、VXとGXは車体同色となります。

サイドステップは全グレード標準装備しています。

ZXのみLED照明がサイドステップについていますので、暗い夜でも明るく足元を照らしてくれます。

ルーフレールはZXとVXグレードでは標準装備となります。

ルーフレールレスにもできまして、無くす場合はマイナス19,800円してくれます。

かっこいいですけど、無くても良い方もいますよね。

ホイール

ZXグレードのホイールは20インチです。タイヤサイズは265/60 R20です。

展示車には265/70 R18の18インチホイールが装着されていました。こちらファーストエディションのホイールです!

実際のZXグレードはもっとスポークが細くて洗練されたものになっています。

リア周り

リア周りを見ていきましょう。

グレードによる違いが2点あります。

一つは上のリヤスポイラーで、ZXはブラック塗装で、VXが車体同色、GXは付いていません。

二つ目は、リヤバンパーガードのカラーがグレードにより異なり、上の写真の「ZX」だとシルバー塗装で、「VX」はシルバー、「GX」がブラックとなります。

テールライトは四角いLEDライトが光り、おしゃれです。

テールゲートはガバッと上に開きますが、リヤガラスだけが開くのも今回の新型ランクル250の特徴です。

ちなみにこの「バックドアガラスハッチ」は「ZXとVXのみ」で「GXにはありません」

ガラス左角下にある四角いボタンを押すとガバッとロックが解除されます。

ガラスはちょっと重めですので、開くのには力が少し入りますが、大きなテールゲートを開けずとも、トランクにアクセスできますので、ちょっとしたものを出し入れするには便利です。

迷ったら、カスタムしたいなら「VX」かな

グレード選びで迷っている方も多いかと思います。ここでは外観に関してのみ考えてみましょう。

まず考えるべきなのはヘッドライトは角目か丸目かです。角目で良いならば全グレード対象となります。

丸目が良いのであれば中間の「VX」グレード一択となります。

あとはグリルのカラー。ZXは上の写真のようなグレーカラーですが、VX、GXはシルバーでちょっと明るめのカラーになりそうです。

シルバーで良いのか、ダーク系がいいのかというのも問題となってくるでしょう。

そもそもZXのグリルカラーであるグレーは正解なのかというのも考慮したいですね。カッコ良くしたいなら、ブラックのパーツに塗ってしまうか、アフターパーツが出るのを待って交換するかしたいところです。

そのようなカスタムをしたいのであればVX(ガソリン545万円・ディーゼル630万円)とZX(735万円)の差額である100〜200万円をカスタム代に注ぎ込んでも良いかもしれません。

皆様の参考になれば幸いです。

次の記事では、内装、3列目の広さ、トランクの広さを見ていきます。

ランクル250 KINTO価格

トヨタのカーリース「KINTO」でも販売を開始します。グレードはVXガソリン、VXディーゼル、ZXディーゼルモノトーン仕様、ZXディーゼルツートーン仕様です。

価格は月額50,710円〜71,170円(税込)です。

KINTOはランクル70発売時に車両確保に有利と言われていましたので、すぐ乗りたい方はKINTOも検討すると良いかもしれません。

PR:KINTOならランクル250をはじめレクサス車やトヨタ車を月額で


>>諸経費込み・頭金0円!KINTOはこちらをチェック

おすすめ関連記事

【内装編】ランドクルーザー250 「VX」ブラック内装の特徴!後部座席は想像よりも狭い!

【狭い?】ランドクルーザー250の3列目シートの内装・快適度チェック!

【注意喚起】ランドクルーザー250を丸目ライトにしたい方は「VX」グレード一択!グレード選択に注意!

【スペック比較】ランドクルーザー250とランクルプラド150のエンジン性能・燃費チェック

【モード解説】ランクル250のトランスファーギヤ「H4」「L4」って何?「H4H」「H4L」「L4L」「H2」も解説

【実車写真】ランドクルーザー250 サンド✖️ライトグレー外装レビュー!

【内装編】ランドクルーザー250 ネオステア仕様!プラドとは言わせない高級内装インテリアを見る!

【実車写真】ランドクルーザー70 再再販モデル 外装レビュー!

【内装編】ランドクルーザー70 再再販モデル 実車写真でインテリアを見る!

【ちょうど良いサイズ感】ランクル 70が発表されたけど日本なら250よりもサイズ・スペックがいいね!

【当然デカい】センチュリーSUVが全長5.2mで登場!価格・スペック!

【試乗レビュー編】トヨタ ランドクルーザープラド TXグレード試乗記③デカすぎ!大きさとガソリン車の振動は要確認【メリット・デメリット(欠点)】

【外観デザイン編】ランドクルーザープラド TX 後期試乗記① ガソリン車のサイズ感と特徴

気になるキーワードで検索