【買うならどっち?】ホンダ S660とコペンGR SPORTを試乗比較!

ホンダS660とトヨタ コペンGR SPORTに試乗しました。今回はこの似ている2台、「2シーター軽自動車オープンスポーツカー」という似ているカテゴリーにいる2台を乗り比べてみましたので、どの点が優れているのか比較しながらレビューしていきます。

最終的に、私ならこちらを買うかな!というところまで結論を出してみますのでお楽しみに!

寸法・車重比較!S660の車高は10cmも低く、重量は20〜30kg軽い!

S660

全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,180 mm 車重820〜850kg

コペンGR SPORT

全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,280 mm 車重850〜870kg

寸法を比較してみると、S660とコペンは全長と幅が同じでしたが、全高は10cmの差がありました。

S660の方が10cm低い結果となり、よりスポーティーな設計になっていることが分かります。

確かにコペンの方がルーフに厚みがあります。全自動ルーフ開閉機構が装備されている影響もあるでしょう。

また、S660は内装の簡素化やルーフの幌化、電動格納機構を省いた結果、コペンよりも20〜30キログラム軽量な車体となっています。

外観はS660の方がカッコいい!

完全に主観になりますが、デザインではS660の方がよりスポーツカーらしく、鋭くてかっこいいと思います。

直線的なデザインです。

一方のコペンGRは、流線型というよりも、丸っこくてかわいい系のデザインです。スポーツカーという目線で見るとS660に軍配が上がります。

コペンはGRファミリーなので、小さくてもGRバッジがいたるところに見られ、これはこれで一つのスポーツ感の表現ではあります。

【ほぼバイクな乗車感!】ホンダ S660 3時間試乗レビュー①【外観編】

【外装編】トヨタ コペン GR SPORT CVT試乗記①トランク内部や寸法も紹介!

内装の高級感はコペンGR SPORTが上

コペンGR SPORT

内装の高級感は断然コペンGRの方が優れています。

本革のシートにカーボン調の装飾。オートエアコン。シフトレバー。レカロシート。全て質感が高いです。

S660

S660はコペンとは違い、無駄なものを省いて軽量化を果たしていそうな内装です。

エアコンはオートではないですし、シフトレバーやサイドブレーキ周りにも無駄なものはありません。

似て非なるものという感じが、内装からも伝わってきます。

【高級外車のような香り】ホンダ S660 3時間試乗レビュー②【ロールトップの外し方と内装インテリア編】

【内装編】トヨタ コペン GR SPORT CVT試乗記②本革ハンドル!

ルーフ開閉は電動ルーフのコペンに軍配

コペンGR SPORT

S660もコペンもオープンカーです。

ですが、ルーフ開閉機構に差があり、S660は手動、コペンは電動の全自動です。

しかもS660の場合はロードスターのような簡単折りたたみ方式ではなく、ルーフを外した後に、ボンネット内の格納場所に運んで収納しなければならないという非常に手間のかかるものです。

正直、S660でルーフ開ける人っているんですか?と聞きたくなるくらい面倒です。ですがルーフ開閉機構を省くことで、コペンよりも数十キログラム軽量な車体重量となり、より軽快な運動性能を手に入れています。

しかし、実際にオープンにすると分かりますが、日差しが出てると結構日差しが暑いですし、肌が焼ける感じがするので、正直あんまり開けたくはないです。

S660の場合、オープン状態にして途中で雨が降ってきたら絶望しかありません。

オープンカーの開放感をより味わいたい方はコペン一択だと思います。

後方視界はコペン良好

S660

S660の後方視界の悪さは運転する上でかなり問題です。

後ろが壁って感じです。

交差点を曲がる時とか、車線変更する時に支障があります。ミラーをうまく活用すると見えることもありますが、死角がありますので注意しましょう。

コペンGR SPORT

一方のコペンGRの方は大きいリヤガラスで視界は良好です。

安全面での運転のしやすさではコペンに軍配が上がります。

乗り味はあまり変わらず、いずれも乗り心地は悪いがコペンがちょっと上かな

コペンGR SPORT

乗り心地、どちらがコンフォート、乗っていて快適かと聞かれるとどっちもどっちかと思います。

正直なところ、両方長時間運転すると疲れると思います。

疲労を感じる一番の原因は振動です。

両方ともにサスペンションが固いのか、振動を軽減するダンパーのようなものが省かれているのか、ロードノイズをよく拾います。

さらに、エンジンの振動というか、鼓動感をよく感じます。ブルブルとまではいきませんが、細かく感じますので、最初は楽しくてもだんだんとハンドルを握る手に疲労感が出てきました。

あと気にされるのが、エンジンのパワー感と加速感。

発進加速に関しては両車共に問題ありません。

S660は低速トルクがあって、発進加速にもたつきを感じさせない味付けになっています。一方コペンは電子制御でアクセルの踏み具合以上にエンジンを回転させ、発進加速を良くしている感じがしました。

エンジンの息吹をより感じるのはS660

S660のエンジンルームは座席の後ろとなります。

これがいいですよね。最高級のスポーツカーは後ろにエンジンを積んでいるモデルが多いですから男子の憧れというものです。

これの運転していて良い点はエンジンの「音」と「振動」をより感じ取れる点だと思います。

アクセルのオンオフ時に「プシュー」とか音がするのは遊び心をくすぐります。

車を体感するにはS660は良い選択だと思います。

トランクの広さ、収納ではコペン

コペンは、ルーフを格納しなければ、広大なトランクを持っています。ゴルフバッグも入るとのことです。

ちなみにルーフを格納するのであれば、手前の仕切りより前の部分にしか荷物は入りません。

オープンカー状態はいつでも楽しいわけでもありませんから、時にはルーフを閉じて荷物をたくさん積んで旅行に行くこともできます。これだけトランク容量があればキャンプにも行けますね。

趣味性の高いS660と利便性のコペン GR SPORT

両方乗ってみると、ひたすらスポーティーに、前を走ることに特化したホンダS660と、スポーツ走行もできるが利便性も忘れていないコペンGR SPORTという感じがしました。

これは完全に趣味の問題です。

でも趣味性の高い車種だからこそ、自分が買うならS660の方かな、なんて思います。

やっぱ見た目がS660の方が好みです。ミニNSXのようで、低くて、エンジンが後ろにあって、これぞスポーツカー感があります。

バイクと同じで、ワクワクと引き換えに不便を楽しむ乗り物です。

乗り味もゴーカートのような地を這う感じ、ごつごつした路面情報をダイレクトに伝えてくる感じがします。そして後ろのエンジンからまるで生きているかのような音がします。

一方のコペンは乗り味はそこまで変わりませんが、マフラーの音は良く聞こえました。内装各所にこだわりを感じ、高級スポーツカー感があり、所有欲を満たしてくれます。

似ているようでちょっと違う2台ですが、それぞれ良さがあり、何を取るかがポイントかと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【後方視界狭の恐怖】ホンダ S660 3時間試乗レビュー③【乗って後悔実走行インプレ編】

【試乗レビュー編】遅い?トヨタコペンGR SPORT CVT(AT) ペーパードライバーによる試乗記④【メリット・デメリット】

【実走行レビュー編】マツダ ロードスター ND ソフトトップ試乗記④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です