【現車確認】新型プリウス 上級Zグレードの内装を見る!アラーム連動アンビエントライトを初採用!

新型プリウスを発売前に見てきました。今回は内装・インテリア編です。

プリウスのエンジンは1.8リッターモデルと2リッターモデルがあって、1.8リッターモデルは法人向けかKINTO専用、2リッターモデルは一般向けに販売するのが特徴的です。

一般向けの2リッターモデルはGとZのグレードがあって、Gでも320万円と他のトヨタ車と比較すると下位グレードでも高価な車種となっています。

高価なのでGでも19インチのアルミホイールで外観的にも大満足なものとなっています。

今回見てきたのはその上位グレードであるZですので早速見ていきましょう。

GグレードとZグレードの特徴・価格

Gグレード 320万円

  • パーキングサポートブレーキ
  • 19インチアルミホイール&タイヤ
  • 上級ファブリックのシート生地
  • シートヒーター
  • 後席センターアームレスト

Zグレード 370万円

  • フロントトラフィックアラート
  • アドバンストパーク/レーンチェンジアシスト
  • 自動防眩インナーミラー
  • フロントロアグリルなどを含めたエアロパーツ
  • スーパーUV&IRカットガラス
  • 運転席と助手席の電動調節機能
  • 合成皮革のシート生地

内装に関しては、シート表皮の素材を見ればわかりそうですね。

GはファブリックでZは合成皮革です。本革では無いようですね。

ちなみに4WDにすると価格はプラス22万円です、

メーターは目線の先へ

新型プリウスのメーターの位置が運転席の目線の先に移動したこともポイントの一つでしょう。

旧型

上の写真は旧型のプリウスの運転席ですが、スピードメーターが中央にありました。

助手席にもスピード等の情報をアピールしたいってことですか?ってぐらい、ちょっとこの位置にした意味がわからないのですが、不評だったようで新型では運転席前に移動しました。

新型プリウスの試乗レビューを見ていると、意外とハンドルとメーターの位置が被って見にくいという話もあり、ハンドル位置の調整は必要とのことでした。

直線基調のインパネとアンビエントライト

インパネが赤く光るほど直線をアピールしています。

これは「アンビエントライト」と言うそうです。

こちら「イルミネーション通知システム」の役割を果たします。装飾としてのアンビエントライトとしての役割の他、トヨタセーフティセンスのアラームと連動し、光でドライバーへ警告を教えてくれます。

シートは合皮でレッドのライン

Gグレードはファブリック素材ですが、上級グレードのZではシートが合成皮革となっています。

シートはパンチング加工がしてあり通気性が良いです。

さらにシートヒーターとエアベンチレーション機能も搭載してますので、快適な背中環境で運転できます。

ちなみにGにも赤いラインが入っているそうで、これは好みが分かれそうです。

センターコンソール

センターコンソールは高級車のような配置です。

シフトレバーは小ぶりで握りやすく、操作しやすいと思います。

さらにパワーモードセレクターはZはレバー(トグル式)のように選択できますが、下位グレードはボタン式になるようです。

さらに助手席側のサイドにはスマホを横に寝かせて差し込み、置くだけ充電ができる溝があります。

後部座席

後部座席も合成皮革で、前列シートのように赤いラインはありませんが、赤いステッチが入っておしゃれ心を忘れていません。

中央のシートはアームレストを装備し、2つのドリンクホルダーがあります。

車高も4センチほど旧モデルよりも下がっているので、ちょっと天井は低いかもしれません。

前列アームレスト裏、センターコンソール裏には特にUSB電源やエアコン吹き出し口がありませんでしたので、高級車についている装備は全てあるとは言えませんでした。

パノラマムーンルーフはZグレードのみのオプション

サンルーフは標準かと思いきや、オプションとのことです。

それも上級グレードのZのみにしか装備できないようなので、サンルーフをつけたい方は必然的にZを選択することになりますね。

レッドの差し入れは許容できますか?

今回実車の内装を見て思ったことは、赤い差し色の存在感がかなり大きかった点です。

オプションで車体色に合わせて色を変えられるのかなと思いましたが、各所見てみても赤のみのようです。

私的には赤は好きなので気になりませんが、嫌な人はいるでしょう。

インパネの「アンビエントライト」が赤なので、必然的に赤になったのでしょうが、LEDであれば色々変えられれば楽しい車になったのかなと思いました。

内装的には400万円以下でこの充実装備、高級外車に近いデザインと内装ですから十分コスパは良いのかなと思いました。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【現車確認】新型プリウスは一目惚れデザインでした!スペック・サイズ・価格

【内装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記②【インパネやエアコン吹出口が質感高い】

【現車確認!】新型クラウン クロスオーバーRS 外観レビュー!

【現車確認!】新型フェアレディZ RZ34内装レビュー!

【内装編】トヨタ カローラクロス HYBRID G 試乗記②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です