【現車確認】マツダCX-60を見てきた!内装・インテリア編【XD-HYBRID Premium Modern】

マツダのCX-60を見てきました。グレードは6気筒ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッドの「XD-HYBRID Premium Modern」です。価格は税込で5,472,500円です。

6気筒ディーゼルエンジンの中では最上位モデルですので、内装インテリアはかなり高級です。

高級マンションの中にいるような雰囲気を醸し出していました。今回はそのインテリアを見ていきましょう。

ハンドル周り

ハンドルは本革巻でしょう。白いステッチがアクセントになっていますし、指の掛も良く、運転が楽しいでしょう。

なんだかツヤ感が違いました。

スイッチもたくさん付いてます。

インパネがすごい

インパネの素材がかなり目を惹きました。

布地のような素材です。なんだか壁紙のような素材でもあります。すごい質感が良いのです。

「ルーセントクロス」という素材だそうです。車内色はホワイトが貴重となっていますが、この素材が真っ白ではなくて、明るすぎず絶妙な雰囲気、「和」な雰囲気を醸し出していました。

センターコンソールも良い

シフトレバーのあるセンターコンソールは「メープル」のパネルを使用しているとのことです。

この木目の質感がたまりません。プラパーツではなく本物の天然素材とはびっくり。

RAV4で感じましたが、シフトレバーは意外と小さい方が扱いやすかったりします。

電動パノラマサンルーフ

このグレードはサンルーフ装備です。

後部座席の上にもサンルーフがあり、車内は明るかったです。

後部座席

後部座席も座席がホワイトで明るい印象です。

背中に黒いラインがアクセントで入っています。

前席肘置き後ろのセンターコンソール後部にはエアコンの吹き出し口と、シートヒーターのスイッチがあります。

そしてUSBタイプC端子と、なんと100V電源がありました。

後部座席ではなんでもできます。無敵です。

トランク

CX60はテールゲートですので後部ハッチは上に高く上がります。

荷物を目隠しするための「トノカバー」がありますね。もちろん取り外すことは可能です。

荷室スペースはかなり大きいと思います。

ジャパニーズプレミアムがありました

CX-60のインテリアは、前列も後列も最上級のものが入っていました。

マツダの掲げる「ジャパニーズ・プレミアム」をまさに実現しています。

これ以上何もいらない。そんな満足感を与える車両でした。

ホワイトは汚れが目立つからちょっと。。。とは思いましたが、皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【現車確認】マツダCX60を見てきた!外観・サイズ・スペック編!

【内装編】マツダ MAZDA3 ファストバック 15S Touring試乗記②【ベンツのAクラスかのような高級感】

【現車確認!】新型クラウン クロスオーバーRS 外観レビュー!

【内装インテリア編】トヨタ RAV4 Adventure試乗記②遊び心あるワクワクするインテリア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です