【外装詳細写真】ホンダ フィット(FIT) RS外観レビュー!価格・サイズ感よし

ホンダのフィットといえば手頃なファミリーカーのようなイメージがありますが、「RS」つまりレースにも出れそうなグレードがあるのです。

レースグレードといえど、RSグレードの価格は、e:HEV仕様が2,346,300円、ガソリン車が1,959,100円とそこまでびっくりするような価格ではありません。

ガソリンとe:HEVのエンジンの性能差はあるものの、RSとしては豪華専用パーツと、専用のサスペンションセッティングというのが他グレードとの差別化となっています。

今回はカラーは「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」。スペックの違いや外観デザインを見ていきましょう。

RSのエンジンスペック

エンジンは両車共に水冷直列4気筒 1,496ccです。

ガソリン車

  • 最高出力:118馬力(6600回転)
  • 最大トルク:142N・m(4300回転)

e:HEV車

  • 最高出力:106馬力(6000-6400回転)
  • 最大トルク:127N・m(4500-5000回転)

なぜかガソリン車の方がスペック的にパワーもトルクも出ています。

e:HEVの方がグレードもパワーも上というイメージですが、そうでも無いようです。

しかし、電気は最初からトルクがマックスで出ますので、加速感はe:HEVの方が優れているでしょう。

フロントビュー 横幅:1695mm

横幅は1700mm無いですからかなりコンパクトですね。

RSグレードはスポーツを意識しているので、フロントグリルやバンパーは専用品が装備されています。

フロントグリルのアミアミはかなりスポーツ感というか豪華感を演出しています。

さらにフロントバンパーもRS専用エクステリアで、ピアノブラックに塗装されていて美しいです。

赤い「RS」ロゴも見てるだけでワクワクしますね。

e:HEV者なのでホンダのHロゴが青くなっています。

ライトは専用品ではないようですが、LEDライトで縁取られていてかっこいいです。

サイドビュー 全長:4080mm 全高:1540mm

実はRSの全長は他のグレードよりも長くなっています。

他が3995mmと4m以内に収まっているところ、RSは4080mmです。フロントとリヤのバンパーがRS専用品となっているのでその分長いのでしょう。

横を見るとRSといえどフィットだなぁと思うところはありますが、各所専用装備があります。

まずドア下の「サイドシルガーニッシュ」がRS専用品です。ピアノブラックに塗装されています。

ドアミラーがブラックなのもRS専用エクステリアの特徴となっています。

ホイール

ホイールはRS専用デザインの16インチアルミホイールです。

シルバーとピアノブラックのツートンカラーでかっこいいです。

リヤビュー

リヤにもRS専用エクステリアパーツが入っています。

リヤのスポイラーは気になりますね。

こちらもRS専用品で、他のグレードよりもより飛び出ています。

リヤバンパーはRS専用のエクステリアパーツが入っていて、ピアノブラックに輝いています。

マフラーは1本出しなんですね。4気筒ですから、2本出しでもよかったのに。

トランクはまあまあ

ハッチバックタイプですから、テールゲートは高く上がります。

トランクの寸法

開口部荷室高:760mm、荷室最大幅:1,150mm、地上高:610mm、奥行きは700mm程度のようです。

車幅はあまりないですから、ほどほどに荷物は入ります。

次回はRSのインテリアデザインを見ていきましょう。

>>次のページ:【内装インテリア編】ホンダ フィット RS は黄色ステッチでおしゃれ高級仕様!

おすすめ関連記事

【現車確認!】ホンダ 新型ZR-V 外観レビュー!カイエン感が否めない。

【外装編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) 試乗記①

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」2022 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

【外装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です