【現車確認!】新型クラウン クロスオーバーG外観レビュー!

<価格・寸法・トランク・ホイール>新型クラウンクロスオーバーの実車を見てきました!グレードはCROSSOVER G ”Advanced・Leather Package”で価格はなんと570万円です。

Gグレードはこのクラウンクロスオーバーでは下位グレードとなりますが、Gの中でも、このLeather Packageは「4眼LEDライト」搭載でより高級感のあるモデルとなっています。

カラーは「ブラック×プレシャスブロンズ」のツートンカラーで、レクサスのような洗練されたデザインと雰囲気を醸し出していました。このブロンズカラーはいいですね!

フロントグリル周り・車幅1840mm

この迫力のフロントグリル周りを見ていきましょう。

一直線のLEDライトが目を惹きます。

今までの車のデザインとは何かが違いますね。

実はグリルの下部は穴が空いてないのです!ギザギザの彫刻です。

空気を取り込む穴はその上の細長い隙間のみとなります。

4眼LEDライト

GグレードのヘッドライトはBi-Beam LEDヘッドランプでおそらく大きいのが1灯みたいなのですが、この”Advanced・Leather Package”と”Leather Package”は4眼LEDライトが装備されています。

ハイビームになると4眼目が光るようですね。通常は3眼が点灯します。

ツートンカラーのボンネット

ツートンカラーの場合はボンネットがブラックになります。

エンジンルームとエンジンスペック

【CROWN】インプレッションMOVIE

エンジンの解説は上の動画で!

こちらは直列4気筒2.5リッターのハイブリッドエンジンを搭載しています。

エンジンの迫力存在感はあまりなさそうです。

レギュラーガソリン指定で、WLTCモード燃費は22.4km/Lでまあまあな燃費です。4輪駆動ならしょうがないかもです。

  • 最高出力 137kW(186PS)6000回転
  • 最大トルク 221Nm(22.5kgfm)3600-5200回転

サイドビュー・全長4930mm・全高1540mm・ホイールベース2850mm

後部座席後ろがぐっと盛り上がっていて、セダンとは異なるクロスオーバー感を出しています。

ドア下に黒いアクセントがありますね。

この黒い三角帯は全グレードの全カラーにあるので気になる方は別途塗りつぶしてください。

ホイール

ホイールもグレードを見分けるポイントとなっています。

G ”Advanced・Leather Package”と”Leather Package”ではこの旗のようなスポークがかっこいい、

21インチ ノイズリダクションアルミホイール(ダークプレミアムメタリック塗装)&センターオーナメント

が装備されています。

クラウンのロゴが中央にありますね。

タイヤが回ってもロゴが直立するタイプなのでしょうか。展示車のホイールは皆ロゴが立っていました。

リヤビュー

かなりボリューム感のあるリヤビューです。

赤いランプが一直線です。

かっこいいですね。

トランク

電動テールゲートになっているようです。

アームが太いですね。

内容量は450リットルと大容量でした。

トランクスルーもあって長い荷物も積み込むことができます。

残念ながら後部座席は倒せないようです。

運転席

運転席には乗り込みませんでしたが、クラウンらしい角っとしたハンドル。そしてフル液晶のメーター周りが印象的です。

当然パワーシートのようですね。

後部座席

後部座席は高級車感が出ていました。

中央にエアコンと充電用のUSB電源があります。

エアコンは後部座席中央の肘置きの先端にリモコンがあって操作ができるようです。

足元は思ったほど広くはないかもしれません。

次のページではより高級なCROSSOVER RS ”Advanced”をご紹介します!

【次の記事】<現車確認!>新型クラウンクロスオーバー 外観レビュー!CROSSOVER RS ”Advanced”<価格・寸法・トランク・ホイール>

おすすめ関連記事

【試乗レビュー編】トヨタ ヤリスクロスHYBRID X ペーパードライバーによる試乗記③【メリット・デメリット(欠点)】

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」2022 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。