【現車確認!】ホンダ 新型ZR-V 内装レビュー!シビックとそっくり内装!

ホンダ 新型ZR-Vを見てきました。前回の外観に引き続き内装編です。内装は驚いたことにシビックにそっくりでした。

シビックに運転席やインパネや似ていて、センターコンソールのところに大きな変化が見られます。

今回はそんな内装を見ていきましょう。

運転席・助手席周り

こちら展示車のホワイトの方の内装で、ブラックを基調とした中に、ホワイトのステッチが入ったインテリアとなっています。

シンプルでかっこいいですね。

なんと助手席前のインパネにシビックに見られたハニカムのアミアミデザインが採用されています!

こちらは新型シビックのインパネです。エアコンの形状が違うようですね。

シビックの風向き調整は棒タイプで、機銃のように飛び出しているスタイルでしたが、ZR-Vは普通の平たいフラップ操作のようになっていそうです。

こちらは展示車のガンメタの方の内装です。カラーが違っていました。こちらはブラウンのシートにオレンジのステッチが入っていておしゃれです。遊び心がある感じがしますね。

ハンドル周り

ちょっとぶれてますが、こちらがホワイトモデルの方です。

こちらがガンメタの方のインテリア、運転席となります。ハンドルのステッチはオレンジではないようですね。

メーターはフル液晶画面のようです。シビックの上級モデルと同じですね。

パドルシフトも付いていますのでスポーツ感ある走行が楽しめそうです。

センターコンソールにレバー無し

ブレブレ写真ですが、センターコンソールです。なんとシフトレバーがありません。ドライブとか、パーキングとか、それぞれ独立したボタンを押して操作するんですかね。

さらに、センターコンソールの下が空洞になっているではありませんか。下にUSBの差し込み口が見えます。

トレーとして物を置けるスペースになっていそうです。

肘置きもあるので収納は期待できそうです。

後部座席

後部座席も高級感があります。

3人掛け中央に肘置きもあるようですね。ドリンクホルダーがあります。

オレンジステッチはかなり車内を明るくしますね。

後部座席用のエアコンが中央にあるのも魅力です。USBの充電もできるかもしれません。

後部座席の肩にレバーがあるのでおそらく後部座席を倒してラゲッジスペースを拡大することができそうです。

また、トランクルームの上に蓋がありますので、荷物は車内に飛び出して来なそうです。背の高いものは乗らないかもしれません。

その代わり後方視界は良さそうです。

内装にも高級感がありました

今回は乗り込むことはできませんでしたが、文句の付けどころのない内装でした。

高級外車のような内装です。

全てが詰まっていそうな感じがします。

シフトレバーレスの車にまだ試乗したことがないのですが、慣れたらとても使いやすそうでいいですね。

シビックを運転していて特に不満はありませんでしたから、おそらく運転はしやすいでしょう。

これで価格がヴェゼル並みの300万円前後なら嬉しい限りです。

皆さんの参考になれば幸いです。

【前の記事】ホンダ 新型ZR-V 外観レビュー!カイエン感が否めない。

おすすめ関連記事

【内装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記②【インパネやエアコン吹出口が質感高い】

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」2022 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

【内装編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) 試乗記②

【内装編】トヨタ カローラクロス HYBRID G 試乗記②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。