NISMO特集!GT-R・フェアレディZ・スカイライン

【現車確認】ホンダ シビックFL5 タイプR 無限グループA:実車写真満載で各部パーツの詳細をノーマルタイプRと比較紹介

ホンダ シビックタイプRは、その圧倒的なパフォーマンスで世界中のファンを魅了するスポーツモデルです。その中でも、無限が手掛けたグループAグループBは、究極の公道スポーツカーとして高い注目を集めています。

ホンダ シビックFL5 タイプR 無限グループAは、樹脂パーツやステンレス素材を使用することでコストを抑えながらサーキット走行でもハイパフォーマンスを発揮できる究極の公道スポーツカーを目指して開発されています。

無限の技術を結集したエアロパーツ、ブレーキ、ステンレスマフラーによる軽量化により、純正パーツ装着車よりも18kgの軽量化を果たし、ダウンフォースを25%増加させることに成功。ベース車両であるシビックFL5 タイプRの性能をさらに高めています。

軽量化と空力性能を徹底追求

フロントバンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングは、軽量化とダウンフォース向上を実現。19インチBBS鍛造アルミホイールと265/30R19サイズのミシュランパイロットスポーツ4Sタイヤは、軽量化と剛性向上、そして圧倒的なグリップ力と操縦安定性を提供します。

1本出しになった専用マフラー

グループAの専用マフラーは、ステンレス製。ノーマルの3本出しマフラーから1本出しマフラーへとシンプルになりました。軽量化と排気効率向上により、爽快なサウンドとスポーティなパフォーマンスを両立します。

専用ブレーキパッドで、意のままの操縦性を実現

専用ブレーキパッドは、強力な制動力と優れたコントロール性を発揮し、ドライバーの意のままの操縦性を可能にします。

サーキット走行を愛するドライバーにとって、究極の選択肢

無限グループAは、サーキット走行を愛するドライバーにとって、究極の選択肢となるでしょう。サーキットで培った無限の技術を結集したこの車は、街中でも圧倒的なパフォーマンスを発揮し、ドライバーに最高の喜びをもたらしてくれるはずです。

この記事では、上記のパーツのほかにも、無限グループAの各部パーツを実車写真と共に詳細に解説いたします。

フロント周り

フロント周りの無限カスタムパーツを見ていきましょう。

グリルはノーマルと同じですね。元からグロスブラックなので高級感がありました。

エンジンフードのエアアウトレットのガーニッシュもノーマルと同じです。

無限フロントバンパーガーニッシュ

フロントバンパーガーニッシュが無限カスタムパーツとなっています。価格は77,000円。

ノーマルのタイプRは直線的なフロントスポイラーガーニッシュでしたが、より攻撃的なスタイルになっています。

無限フロントアンダースポイラー

下部のフロントバンパーも無限カスタムパーツです。価格は110,000円。

グロスブラックなパーツがより飛び出し、より強力に整流します。

サイドビュー

サイドを見ていきましょう。サイドスカート部分のグロスブラックが目を惹きます。

フロントホイールハウスのエアアウトレットはノーマルと同様のパーツです。

サイドガーニッシュ

サイドスカート部分のガーニッシュは無限パーツとなります。価格は132,000円。

ノーマルの「サイドシルガーニッシュ」はリアタイヤ前の一部のみでしたが、無限パーツではサイドスカート全体で整流します。

無限ハンドルプロテクター

こちらのドアハンドル部分のプロテクターはすでに発売されているパーツです。

カーボン調のデザインですので、これだけでアクセントというか、速そうな雰囲気が出ますね。

↓PR:こちらのハンドルプロテクターは発売済み!商品詳細はこちら


ホイール周り

ホイールは19インチのBBS鍛造アルミホイール。価格は1本176,000円で、4本で704,000円。

1本当たり2キロの軽量化を果たしています。4本で8キロですね!

「無限」とあるホイールセンターキャップ(4,400円/個 4個:17,600円)、レーシングナット(1セット4個入り:5,500円/セット 5セット20本:27,500円)、ブレーキパッド(フロント 36,300円/リア 29,700円 合計66,000円)も無限専用パーツです。

ブレーキキャリパーは、ノーマルと同様。

フロントはBrembo社製モノブロックアルミ対向4ポットキャリパー+Φ350mm大径2ピースディスクです。

265/30 ZR19サイズのミシュランパイロットスポーツ4Sタイヤを前後共に履いています。

リヤブレーキは305mmディスク。

ブレーキパッドは無限のパーツでTYPE-Cです。

リヤ

リア周りも特徴的な無限パーツが入っています。

LEDテールライト

LEDテールライトが無限パーツとして出ました。価格は143,000円。

実はノーマルのタイプRはテールライト、ウインカーがバルブだったのです!

リアアンダースポイラー

リアアンダースポイラーも無限パーツになりました。マフラーが3本出しから1本出しになっているのでその隙間を埋めるようなデザインです。価格は99,000円。

リアサイドスポイラーのガーニッシュもより大きいものになっています。

リアバンパーのサイドにあるエアアウトレットのようなパーツはノーマルです。

公式サイトでもエアロパーツとして紹介されていなく、穴は空いてなさそうですね。ドレスアップパーツのようです。

パフォーマンスダンパー

↓PR:シビック TYPE-R 6BA-FK8用ですが、こんな感じです

外からは見えませんでしたが、パフォーマンスダンパーも装備しています。143,000円。

パフォーマンスダンパーという名称はヤマハ発動機の商標とのことです。

走行時の微細な振動を吸収することで、操作性が向上し、コーナー時のハンドリングを向上させます。

ステンレス製1本出しマフラー

上のシビックタイプRのノーマルマフラーは3本出しでした。これがカッコよかったのですが、、、

無限パーツでは1本出しになりました。価格は396,000円。

素材はステンレス製で、1本出しにすることで軽量化を狙ったのではないでしょうか。

リアウイング

リアウイングも大きなポイントでしょう。価格は308,000円。

ノーマルの方が軽量そうですが、無限パーツの方はより厚みが増して剛性感が増している印象です。

サイドの「無限 MUGEN」ロゴがかっこいいです。

ノーマルよりも大きなダウンフォースを生み出しそうです。ウイングだけではないですが、車体全体でノーマル比25%も多くダウンフォースを生み出しています。

サイド上部にボルトが3本見えますね。これで角度の調整等ができるのでしょう。

パーツだけでなくコンプリートカーも出るかも!

今回展示されている無限パーツをふんだんに組み込んだ車両にはフロントグリルと、トランクリッド部分に「無限 MUGEN」のロゴがプリントされていました。

これは最初から無限パーツを組み込んだコンプリートカーのコンセプトモデルのようです。

無限の公式動画でも、パーツのみではなくコンプリートカーの販売も予定しているという告知がありました。

グループAの方はよりお求め安い価格となるそうですね。エアロパーツはカーボンではなく樹脂パーツを使用していますが、その気軽さからサーキットではなく、市街地走行でもその魅力を楽しめそうです。

皆様の参考になれば幸いです。

次の記事では無限パーツの入ったインテリア内装編をお届けします。

>>次の記事:【内装編】シビックFL5 タイプR 無限グループA:ゴツゴツなレカロシート・専用ステアリング・カーボンパネルなど実車詳細写真解説!

おすすめシビック関連記事

【ノーマル・タイプR比較】シビックRS プロトタイプ発表|詳細写真でデザインの特徴を見る

【パーツ価格一覧】合計300万円超!シビックタイプR(FL5) 無限 グループAのパーツ価格紹介

【内装編】シビックFL5 タイプR 無限グループA:ゴツゴツなレカロシート・専用ステアリング・カーボンパネルなど実車詳細写真解説!

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」FL5 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

【50周年!】歴代シビック実車・スペックを見てみよう!【初代、2、4、6、8、10、11代目】

【試乗レビュー編】穏か上質!ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記③

【外装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記①

気になるキーワードで検索

PR:車買い替えを検討中ならこちら!

車を売る際には、複数の業者に査定を依頼することが重要です。最近では中古車市場が下落してきているので、買い替えを決めたら早めの売却がおすすめです。

査定には車の状態や年式、走行距離など、さまざまな要素が関係してくるため、複数の業者に査定を依頼することで、より正確な査定額を算出することができます。

出張買取で高く売るコツは、相場相応の希望価格を言い続けること。粘り強く交渉すれば価格は上がっていくようです。


>>カーネクストの詳細はこちら


>>ユーカーパックの詳細はこちら