【内装インテリア編】ホンダ フィット RS は黄色ステッチでおしゃれ高級仕様!

前回の外装編に続き、フィットRSの内装インテリアを見ていきましょう。

フィットの中でもRSはスポーツモデルという位置付けですので、内装がどのような装備となっているのでしょうか。

意外とe:HEV RS専用の電子装備があるので見ていきましょう。

本革!ハンドル周り

ハンドルは本革製のRS専用品です!さらに黄色のステッチが入っておしゃれですね。

本革製なので手に馴染み、さらに凹凸のあるステッチで指の掛をよくしているのでしょう。

運転しやすそうです。

パドルシフトではなくて減速セレクター(e:HEV RS専用)

ハンドルの奥にパドルシフトのようなレバーが左右にあります。

ですが、こちらはマニュアルモードのようにギヤを変えるのではなく、エンジンブレーキというか回生ブレーキの効きを操作できるレバーとなります。

これによりアクセルを離した時のバックトルクを4段階で調整できます。

ちなみにe:HEV車専用の装備となります。

メーター周り(モードセレクトはe:HEV RS専用)

メーターはかなり小ぶりです。

スポーツモデルといってもタコメーターやスピードメーターがあからさまにあるわけではなく、液晶ディスプレイとなっています。

左右にあるボタンが右側がエンジンスタートボタンで、左側にはドライブモード切り替えスイッチがあります。

このドライブモードスイッチはe:HEV専用装備で、「ノーマル」「スポーツ」「エコ」の3種類から選ぶことができます。

加速感を変えたいときに便利です。

メーター右側にはドリンクホルダーのような物入れがありました。

ここに物入れがある車を初めてみましたので新鮮です。意外と便利ではないでしょうか。

ドアにも黄色ステッチ

ドアの内側にも黄色ステッチがありかなりオシャレです。

インパネ

インパネは丸っこいデザインです。センスのいいインテリアって感じで圧迫感がありません。

助手席側にもインパネ左端にドリンクホルダーがありますね。

センタークラスター(ナビ・エアコン・USB電源)

ナビはおそらくオプションのHonda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉が装備されていました。

フラットな感じでスタイリッシュなナビです。

エアコンはもちろんオートエアコンです。

エアコンの下にはUSB-Aタイプの電源と12V電源が装備されています。

シフトレバー・電動パーキングブレーキ

e:HEV車はシフトがボタンになっているモデルがありますが、こちらはレバーでした。

ちゃんとシフトブーツも履いていていい感じにスポーツ感があります。

残念ながらマニュアルモードはありません。

シフトレバーの手前には電動パーキングブレーキのレバーがあります。

肘置き収納

電動パーキングブレーキの手前側にはさらにドリンクホルダーと小物入れがあります。

肘置きも黄色いステッチが入っておしゃれですね。革っぽいプライムスムース素材も高級感を出しています。

蓋を開けるとこんな感じで収納となっています。

長さはあまりありませんが、深さはそれなりにあります。

運転席のシート素材はウルトラスエード®

ウルトラスエード®というスエード調の素材を使用していて肌触りは良いです。このウルトラスエード®は東レの機能性素材で優れた耐久性・通気性・透湿性、さらに表面温度が快適となるようなので冬に冷た!ってなりにくいようです。

さらに腰のサポートも張り出していて、身体にフィットする快適なシートです。

サイドの革っぽい素材はプライムスムース。

後部座席

ちなみに後部座席はウルトラスエード®ではなくファブリック素材だそうです。

ソファーのようにゆったりできそうです。よく見ると座席の背中側が窪んでいて後席でも足を組み替えやすくしているようです。

ヘッドレストは上下可動できます。

中央の座席はアームレストになるようです。

足元もゆったりできて、さらに前列のシートの横幅が思ったよりもスリムなので前の景色もひらけている感じがします。

運転席と助手席の間にはUSB-Cタイプの充電ソケットが2口ありますので、ゲームし放題です。

オプションでもエアコンは付かないようです。

シビックのようにガチガチではないスポーツ感

このフィットRSはスポーツモデルと思いきや、なかなかマイルドなスポーツ感を思わせるインテリアでした。

シビック

ホンダのスポーツスタイルの車といえばシビックが有名ですが、シビックは下位グレードのノーマル車でも、メーターやインパネにもスポーツ感があり、なんだかやる気を感じさせるインテリアでした。

フィットRSは基本は、ファミリー要素のあるベーシックなフィットを元にカスタマイズしたモデルですので、根本的なものを変更することはできなかったようです。

でもRSと言うならばマニュアルモードは作って欲しかったような気がします。

価格も思ったよりも手頃ですので、ちょっとした高級感、スポーツ感のあるモデルとしてはコスパが高いのではないでしょうか。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【外装詳細写真】ホンダ フィット(FIT) RS外観レビュー!価格・サイズ感よし

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」2022 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

【内装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX 試乗記②【インパネやエアコン吹出口が質感高い】

【内装編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) 試乗記②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です