NISMO特集!GT-R・フェアレディZ・スカイライン

【現車確認】ホンダ WR-V Z+グレード 外観レビュー!サイズ・スペック・価格!ヴェゼルとのサイズ比較も!

ホンダの新型車WR-Vの実車を見てきました。サイズ・車格はヴェゼルとよく似ていて迫力があるにも関わらず、価格が200万円台前半とかなりのコスパを誇る戦略車として話題です。

発売日は2024年の3月22日を予定しています。グレードは3種類で、今回は最上級クラスの「Z+」をご紹介します。

グレードが3車種ありますが、その差は約40万円ですので、内外装を見比べてもそこまで変化が見られないのも特徴的です。

【実車確認!】新型 WR-V Z+グレード内外装チェック!ヴェゼルとサイズ比較!後席・トランクが広くて余裕の空間!サイズ・スペック・価格

グレード・価格

全てガソリン車でFFのみ、SUVタイプの車ですが、四輪駆動の設定はありません。

最下位のXグレードは価格が2,098,800円

ホイールが16インチのスチールホイール+キャップという安い仕様で、フォグランプが無いのが外観上の特徴でしょう。

中間のZグレードは2,349,600円

Zから17インチアルミホイールとなり、フォグランプが搭載され、内装では、ハンドルやシフトレバーが本革巻きになり、シートがプライムスムースとファブリックのコンビシートとなります。

Z+グレードは2,489,300円

Zに外観上の装飾が加えられます。グリルのグロスブラック化、ドアハンドルがメッキ、ドアモールのシルバーメッキ、ドアロアガーニッシュがシルバー塗装、ルーフレールがシルバーとなります。

Xの燃費が若干良い

サイズに関しての違いは、全長がZ、Z+が1,955mmで、Xが1,945mmとなりXが10mm短く、Xではホイールサイズ小径化や車重20kg軽く(1230kg→1210kg)なることで、燃費が0.2km/L伸びています。

スペック

  • エンジン形式:L15D/水冷直列4気筒横置
  • 排気量:1,496cc
  • トランスミッション:自動無段変速機(CVT)
  • 最高出力:118馬力(6600回転)
  • 最大トルク:142N・m(4300回転)
  • 燃料タンク:40リットル レギュラーガソリン
  • 燃費(WLTCモード):Z・Z+が16.2km/L Xが16.4km/L

エンジン造形がたまりませんね。

エンジンのブラック塗装がいい味出しています。4気筒感感じますね。

フロントビュー 車幅:1,790mm

フロントビューを見ていきましょう。まず車幅ですが、1,790mmと大きすぎず、小さすぎずという印象です。

ヴェゼルの車幅が同じ1,790mmであることから、いかにこの価格でこの車格を保ったホンダさんの凄さが分かりますね。

ヴェゼル(1,590mm)はWR-V(1,650mm)よりも車高が60mmも低いので、より高級路線でスタイリッシュ、WR-Vは無骨でSUVとして使い倒すキャラクターが出ています。

Z+の特徴的なグリル周り

最上級グレードのZ+はフロントグリルがツヤありのグロスブラックであることが特徴です。

ボンネットとグリル間のクロームメッキのガーニッシュは全グレード共通となります。

Z以下のグレードでは樹脂のマットなパーツとなります。Z+はかなり高級感を感じます。

そしてZグレード以上ではフォグランプを搭載しています。

全グレード共通ですが、フロントバンパーには樹脂製ですがシルバーのパーツも入ってSUVっぽさが演出されています。

ヘッドライトはLEDです。

上の眉毛の位置はデイライトとウインカー兼用です。ロービームが外側、ハイビームが内側のライトとなります。

サイド:全長4,325mm・全高1,650mm・ホイールベース2,650mm・最低地上高195mm

サイドビューを見ていきましょう。Cピラーがゴツいですね!

サイドから見ると、Z+グレード専用エクステリアパーツがよく分かります。

ちなみに新型ヴェゼルのサイズ感は、全長4,330mm・全高1,590mm・ホイールベース2,610mm・最低地上高195mm。

WR-Vは、全長が5mm短く、全高が60mm高く、ホイールベースが40mm長い。車内空間の余裕のために大型化していることがなんとなく分かります。

ミラーはウインカー埋め込み式です。

助手席側のミラーにはミラーの下に小さいミラー、サイドアンダーミラーが標準装備です。

車高が高いSUVらしさが出るパーツですね。

Z+専用外装のその2がシルバードアハンドルです。Z以下は車体同色となっています。

ギラギラした感じは海外のセンスでしょうか。最近ではブラックか車体同色がいい感じに見えます。

シャープシルバー塗装のドアロアーガーニッシュがZ+の特徴です。これは目立つので遠くからでもZ+と分かりますね。

Z以下のグレードはブラックの樹脂剥き出し素材です。

シャープシルバー塗装のルーフレールもZ+特有の装備です。他のグレードにはありません。

シャークフィンアンテナを装備しています。

ホイール

ZとZ+のホイールは17インチアルミホイールです。

タイヤサイズは215/55 R17、ブリヂストンのTURANZA T005A。

フロントサスペンションはマクファーソンストラッド式です。

リヤホイール、タイヤはフロントと同様のサイズです。

リヤサスペンションは車軸式サスペンションを採用しています。コイルスプリングが見えませんね。

さらにリヤブレーキは油圧式リーディング・トレーリング、つまりドラムブレーキです。安いわけだ。

リヤビュー

リヤのテールライトデザインは最近流行りの一文字ライト。左右両端のレンズがL字に折れ曲がっているデザインです。

実際光るのは両端のL字部分のみのようです。

リヤバンパーには全グレードでシルバー・バンパーロアーガーニッシュもアクセントで入っていてメリハリのあるデザインです。

リヤスポイラーが装備され、空気抵抗も考えているスポーティーな印象を与えていますね。

ヴェゼルほどではありませんが、少しリヤガラスが寝ていてカクカクしすぎない絶妙なデザインをしています。

ヴェゼルのCピラーはさらに寝ていて、クーペSUVの代表格となっています。

全高165cmが威風堂々とさせるSUV

今回初めてWR-Vの実車を見ましたが、正面から見ると、1790mmのコンパクト感を感じましたが、横から見ると、その分厚い感じに圧倒されます。

結構大柄なSUVに見えますが、今回のZ+グレードの価格は250万円弱というバーゲンプライス。

この見た目を裏切らない、広い内装を見るとさらにその魅力に魅了されてしまいますよ。

皆さんの参考になれば幸いです。

>>次のページ:【内装編】ホンダ WR-V Z+の後部座席が広くてびっくりした!

PR:車買い替えを検討中ならこちら!

車を売る際には、複数の業者に査定を依頼することが重要です。最近では中古車市場が下落してきているので、買い替えを決めたら早めの売却がおすすめです。

査定には車の状態や年式、走行距離など、さまざまな要素が関係してくるため、複数の業者に査定を依頼することで、より正確な査定額を算出することができます。

出張買取で高く売るコツは、相場相応の希望価格を言い続けること。粘り強く交渉すれば価格は上がっていくようです。


>>カーネクストの詳細はこちら


>>ユーカーパックの詳細はこちら

おすすめ関連記事

【現車確認】ホンダ WR-V FIELD EXPLORER CONCEPTを詳細写真でその細部を見る

【試乗レビュー編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) 試乗記③【メリット・デメリット(欠点)】

【現車確認】新型N-BOX(3代目)ファッションスタイルの外観レビュー!2代目との違いやサイズ・スペック・価格!

【現車確認】新型N-BOX(3代目)カスタムの外観レビュー!サイズ・スペック・価格!

【試乗レビュー編】トヨタ カローラクロス HYBRID G 試乗記③

【試乗レビュー編】ヤリスクロス HV試乗記③【メリット・デメリット(欠点)】

【実車外装編】レクサス LBX Coolのエクステリアチェック!価格・サイズ・スペック

【現車確認!】ホンダ 新型ZR-V 外観レビュー!カイエン感が否めない。

【現車確認】ランドローバー 新型レンジローバースポーツ AUTOBIOGRAPHYグレードの外観・スペックと内装インテリア