NISMO特集!GT-R・フェアレディZ・スカイライン

【内装編】ホンダ WR-V Z+の後部座席が広くてびっくりした!

ホンダから新発売されるWR-Vの実車を見てきました。価格は200万円台前半からある車両ですので、正直なところコンパクトで狭く、内装も質素な車かと思いましたが、その予想を裏切る広々空間と必要十分なインテリア。

特に後部座席が広くなっており、ホイールベースが延長されている恩恵を受けています、車室を広くするためにホイールベースが長くなっているのでしょう。新型シビックもそうでしたね。

今回はそんな新型WR-Vの内装を見ていきましょう。

運転席映像から!【実車確認!】新型 WR-V Z+グレード内外装チェック!ヴェゼルとサイズ比較!後席・トランクが広くて余裕の空間!サイズ・スペック・価格

チャンネル登録宜しくお願いします!

運転席とメーター ZとZ+は本革巻きハンドル

運転席を見ていきましょう。

水平基調でシルバーのラインが所々に入っていますので、全体的にウレタンウレタンしていなくてまずまずかと思います。

ZとZ+グレードは本革巻きのハンドルとなっていますので、高級感は感じます。

ハンドルにはボタンが多数配置され、ハンドルを握りながらオーディオ操作や通話、クルコンの設定ができます。

ハンドルにはパドルシフトを装備して、スポーティーな走りも楽しめます。

メーターは右側が針のスピードメーターで、

中央から左側のタコメーターは7インチのデジタルメーターになっています。

インパネには装飾が

助手席前のダッシュボードには、ピアノブラック調のインパネガーニッシュ。

安価な車にありがちなウレタン一色ではなく、ツヤありブラックの装飾が入って高級感があります。

助手席前のインパネも水平基調で現代的なデザインです。

こちらのピアノブラックボードは上級グレードのみかと思いましたが、下位グレードのX、Z両方入っているので、WR-Vのコスパの高さがここに現れています。

センタークラスター ナビ・エアコン

ナビは9インチナビ。

Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージが全グレード入っています。

エアコンはオートエアコン。運転席、助手席温度設定別のものではありませんが、PM2.5対応高性能集塵フィルター付きで十分。

エアコンの下にはUSB端子とシガーソケットがあります。その中央には小物入れがありますが、深さはそこまでありません。

その下にもUSB端子がありますね。最近の新型車はタイプCが多くなってきておりますが、タイプAがついているのも意外と魅力的。

センターコンソール

コンソールパネル先端には2口のドリンクホルダーがあります。

シフトレバーはこう見えて本革巻き。

シフトブーツも履いていて安っぽく無い作りです。

サイドブレーキ!

なんとなんとサイドブレーキレバーがありました。電動パーキングが多い中、レバーです。ここはコストカットなのでしょうか。

レバーは一般的なウレタン素材です。

コンソールボックスはグレードによって異なる

Z以上のグレードでは、コンソールボックス表皮が「プライムスムース」となります。

滑らかな合皮ですね。

コンソールボックス内は深め。USB電源などはありません。

ルームミラー

ルームミラーは標準的なもの。ルーフにはSOSボタンがあります。

サンバイザーは運転席、助手席ともにバニティーミラー付。

前後シートはグレードで異なる

前後シートはグレードによって異なります。

Z+とZグレードは写真のように中央がファブリックで、サイドとヘッドレストがプライムスムース素材のコンビネーションとなります。

後部座席も同様にファブリックとプライムスムースのコンビシートです。

一方の下位Xグレードはファブリックとなります。

上の写真は新型ヴェゼルの下位Gグレードです。

上位Zグレードはコンビネーションシートなので、50万円近く安いなら、ファブリックでもいい感じはしますね。

後部座席は広い

上の写真は前列を最も下げた状態で身長168cmが座った時の状態です。

足が伸ばせます。

私の標準的な運転席位置をとると拳3つ、下げても1〜2個分は確保でき、最近乗ったクラウンスポーツやLBXのようなスポーツSUVとは一線を画す広さとなっています。

これはFF車でホイールベースを長くとっている恩恵でしょう。

リヤセンターシートに格納式のアームレストが搭載されています。

ちゃんとドリンクホルダーが2つ分ついています。

助手席前のみ、シートポケットがありました。運転席側はありません。

まさかの後部座席エアコン

コンソールボックス裏にはエアコン吹き出し口が2つありました。

このクラスで標準とは驚きです。さすがに温度調整はできませんが、風向きと風量調整ができます。

エアコンの下を覗いてみると、

12Vアクセサリーソケットがありました。

フロントドア

ドアには全グレード、ダークシルバーの加飾が施され、アクセントが入っています。

Zグレード以上ではさらにプライムスムースのライニング入っています。

トランク

トランクを見ていきましょう。

ハッチは手動で、電動テールゲートの設定はありません。

荷室長:840mm(後席を倒すと2,181mm)✖️荷室幅1,020〜1,350mm✖️荷室高882mm。

荷室容量は458リットルです。

ちなみにヴェゼルのトランクサイズは、荷室長:750mm(後席を倒すと1.680mm)✖️荷室幅1,000mm✖️荷室高770mm。

荷室に関しては高さが11cmも違いますね。トランク容量はひと回り大きいです。さらにヴェゼルはクーペSUVでリヤガラスが寝ていますので高さのあるものは難しいです。

トランクのサイドを見ていきましょう。

荷かけフックがあります。

反対側にも荷かけフックがあります。最近流行りの電源類はありません。

荷物の目隠しとなるトノボードはZとZ+グレードには搭載されています。

荷室床下には工具入れがあり、パンク修理キットが入っています。

この内装・室内空間はコスパ抜群

乗り込んでみると感じる「広い」という感覚。やはり天井が高いからでしょう。

昨今スポーツSUVというジャンルが流行っており、最近ではレボーグレイバック、クラウンスポーツ、LBXの実車を見てきましたが、どれもSUVというジャンルとしては車内が狭く感じました。

その流れに反してこの車高の高さ、室内空間の広さは特筆すべきものがあります。

まさに「高見え」。

210〜250万円あたりで購入できて、荷物も積める実用的なSUVをお探しの方には是非お勧めしたい車両です。

SUVですが、FFのみで四輪駆動モデルがありませんので、山道、雪道の走破性が乏しいのがデメリットですが、通常の使用ではこの価格帯でしたら申し分ない車かと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

PR:車買い替えを検討中ならこちら!

車を売る際には、複数の業者に査定を依頼することが重要です。最近では中古車市場が下落してきているので、買い替えを決めたら早めの売却がおすすめです。

査定には車の状態や年式、走行距離など、さまざまな要素が関係してくるため、複数の業者に査定を依頼することで、より正確な査定額を算出することができます。

出張買取で高く売るコツは、相場相応の希望価格を言い続けること。粘り強く交渉すれば価格は上がっていくようです。


>>カーネクストの詳細はこちら


>>ユーカーパックの詳細はこちら

おすすめ関連記事

気になるキーワードで検索

【現車確認】ホンダ WR-V FIELD EXPLORER CONCEPTを詳細写真でその細部を見る

【現車確認】ホンダ WR-V Z+グレード 外観レビュー!サイズ・スペック・価格!ヴェゼルとのサイズ比較も!

【内装編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) 試乗記②

【内装編】ホンダ 新型N-BOX(3代目)ファッションスタイルは広くて居心地が良くてびっくり!

【内装編】ホンダ 新型N-BOX(3代目)カスタムはブラックアウトされてかっこいい!

【意外と狭い】スバル レイバックの内装を見る!充電快適!トランクは大容量!

【室内狭い】レクサス LBX Cool内装編!ウルトラスエード内装が印象的!

【後席狭い】クラウンスポーツ内装編!フル液晶・本革シート・充実装備で満足か

【内装編】トヨタ ヤリスクロスHYBRID X 試乗記②